【ヘアカラー】「色むら」もいかせばいいんじゃない?

こんにちは!

中野のパーソナルカラリスト coma 伊藤です♪

 

 

ヘアカラーでよくある失敗。。。「色むら」

しかし「色むら」にも二種類ある気がします

「ヘアカラーをしてすぐの色むら!美容師の責任です!」

「もう一つは生活をしている中で色抜けしての色むら」

今回はこっち↑

 

先日、ご来店のお客様をご紹介

海外で生活をされているのでご来店は半年に一回

海外での生活で日差しの強さも違うので

中間から毛先においてかなり黄色くなっていました

ご来店されたときには全体的に色むらがある状態

 

この様な方がご来店された際はまず僕が聞くこと!

・この髪の状態はどう思っているか

・どのような仕上がりにしていきたいか

この二つをきいてどうしていくか決めます

当たり前のことですが、すごく大事なこと!

 

今回のオーダーは暗めにしてほしい

色むらに関しては何も言われなかったので

そこをいかしてヘアカラーをすることにしました♪

 

仕上がりはこのような感じに↓

根本からグラデーションをかけて

「モノトーンアッシュ」にしました!

グラデーションにしたのは海外での生活で

なかなか染めに来れないため根元が伸びても

気にならないように♪

ご来店時の色むらもいい感じにいかせて

染めれたと思います!

毛先はハイライトが入っているかの

ような仕上がりになりました♪

 

とご来店の際の髪の状況によりその髪を

いかして染めるのもいいと思うんですよね!

 

是非、ご相談くださいまで~♪

contact

 

 

伊藤

 

 

いとぅ

記事のシェアShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest