髪を切りすぎてしまう!

こんにちは!

中野の美容師 伊藤です!

美容師になって7年、スタイリストになるのに4年かかった僕ですが、

アシスタント時代からこんなことをよくお客様から聞くんです。

美容師って髪を切りたがりが多くない?そんなに切りたくなかったのに切られすぎた!

お客様みなさんが一度は経験したことのある話です!

 

アシスタント時代を過ごしたお店の店長はよくお客様にこのことを言われていました。笑

しかし指名数は他のスタイリストを寄せ付けない圧倒的な数字!

しかもショートのお客様が圧倒的に多い!

そんなことを感じていたアシスタント時代、自分がスタイリストになって本当に思うのはショートが一番難しい!

切り過ぎてしまいそうなところと切らなすぎないところのせめぎ合い!本当にそのさじ加減が難しい!

これを考えていくと切られすぎたと言っているお客様ももう一度指名で帰ってくるということは意外と気に入っていたのではないか?

あの店長はお客様に似合うところを毎回せめてカットしていたのではないか!

しかし似合わせに関しては絶対的なものを持っていたので

いつも切られると言っていたお客様も満足していたのではないかと思うんです!

なので切られすぎたというのも違う意味では似合わせた、

お客様にはこちらの方が似合うと思ったなどが

長年やっているうちにできた信頼関係からいつも切られるということになるんじゃあないでしょうか?

 

まぁーひとつ言えるのは初めて担当するお客様を切りすぎるとクレームになって大問題ですが!

初めての方にはしっかりカウンセリングを心がけています!

最近の美容師、誰もが言う言葉で締めくくります!笑

image

 

 

伊藤

 

いとぅ

記事のシェアShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です