夏 ショート

こんにちは!

中野のパーソナルカラリスト 伊藤です♪

 

先日、営業後に撮影をしました!

「夏にぴったりショートスタイル」

image

と言ってもここまでのショートにする方は

あまりいないのが現実です、、、笑

 

すごく短い印象を与えているのは前髪!

image

全体の長さもショートなので短いですが、

前髪が長ければすごく印象が変わると思います。

剛力彩芽ちゃんのようなショートだったり、、、

 

人生で一度やってみるのもいいと思う!

人生一度きりいろんな髪型を楽しみましょう!

僕も数々やりましたがやってみると意外と

似合ったりもします!

って似合わせるのは僕の仕事!

お気軽にご相談ください!

 

伊藤

 

 

ご予約はこちらから↓

予約

 

 

記事のシェアShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest

色の仕組みって?

こんにちは!

中野のパーソナルカラリスト 伊藤です♪

 

最近、友人から指摘を受けました

「ブログにカラーのこと少なくない?

パーソナルカラリスト感が全くないぞ

ラーメンブログ化しているぞ!」

ということで真面目にカラーのことをかきます!

 

カラーもことを書く前に色のことについて説明します

 

色とは3つのものから作り出されている!

色相、明度、彩度この3つ色はできています

 

まずは色相、、、

色相とは赤、青、黄色といった色合いのこと

カラーでは染めたい色のことだと思って

いただけるといいと思います

image

次に明度、、、

明度とはその色の明るさを指すものです

暗い赤と明るい赤の違いもことだと思ってください

カラーでは染まり上がりの明るさでトーンのことです

image

次に彩度、、、

彩度とは色のあざやかさのことで

同じ色でもどちらのほうがよりあざやかな色かの

違いだと思っていただければいいと思います

カラーでは染めたい色の色味をどこまで出したいか

だと思っていただけるといいと思います

と色とはこの3つのことからできています。

image

美容室にいってやりたい色がうまく伝えられない

よくそんなことをお客様から聞くことがあります

どうやったら上手く伝えられるの?

まず一番手っ取り早いのはやりたい色の

画像や写真を持って行ったり

芸能人などを伝えるのがいいと思います。

ってそんなことはわかっている!

それをしているけどならないんです!

 

そんな時は色相、明度、彩度を使ってみては?

まずはやりたい色味を伝えます

アッシュ系なのかレッド系などかです

その次に明度=トーンを伝えましょう

今の明るさより暗くしたい、明るくしたいなど

その他にも会社などで明るさが決まっている時は

会社での規定を聞きそれを美容師に伝えるのがいい

最後に彩度です、一番難しいのがここです!

どのぐらい色をあざやかに見せたいかなので

そこを伝えるのが重要、以前染めた時のことを

しっかり伝えてそのときの染まり上がりの画像などを

見せるのも効果的だと思います。

 

やりたい色を伝える際に是非やってみてください!

 

 

伊藤

 

 

予約はこちらから↓

予約

 

 

 

 

 

記事のシェアShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest